株式会社 天佑 社長ブログ 野菜生育実験

TP-1 液肥として葉面散布 

おひさしぶりです。
TP-1を50倍希釈して液肥として葉面散布してキャベツを育ててみました。
すると、自分でも驚くほどの成長に差がでました。
上の写真が、葉面散布して育てたものです。
違いとしては、葉の大きさ、葉の色が濃い緑色をしています。

同じ畑に同じ条件で育てたのにこんなに違いがでて驚きです。

【葉面散布して育てたキャベツ】
キャベツ1

【何もしなかった場合のキャベツ】
キャベツ

【葉面散布して育てたブロッコリー】
キャベツ1

【なにもしないで育てたブロッコリー】
ブロッコリー

★ネットショップ EARTH RESCUE(アスキュー)はこちら >>>>

 に参加中です。是非、クリック応援お願いします。
*****************************************

㈱天佑  ホームページ:http://10u.jp/

お問い合わせ こちら

*****************************************

野菜の生育実験状況 



上記の写真は、TP-1(TP酵素活性補助液)を使用して学校給食で出る生ごみや鶏糞、牛糞を使用しておが粉と一緒に処理した資材を使って野菜がどのように生育していくかを実験しています。

苗は、トマト、なす、ピーマンを各4本ずつ購入して育てています。
野菜の実りは天候に左右される場合があるのでわかりませんが、
しばらく野菜がどのような生育をしていくかを実験していきたいと思います。



当社では、様々な角度からこのTP-1(TP酵素活性補助液)の実験を行い、検証しております。

また、お客様のご要望などに合わせ、
各種実験を行った上で納得して頂いた上で、
システム設計を行っております。

廃棄物の排出量 ・種類、目的にあわせて
カスタマイズされた装置・システムを製造します。

まず、臭いにお困りの方是非、一度ご相談下さい。

 に参加中です。是非、クリック応援お願いします。  


*****************************************

㈱天佑  ホームページ:http://10-u.jp/

お問い合わせこちら

*****************************************