株式会社 天佑 社長ブログ 2013年11月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京の路地裏歩き 

ホテルから、ぶらり路地裏に出た。
街中の騒音を逃れ静かな路地裏に入ってみた。
アパートの林立する中に高い木立が木陰を作っている。
大きな笑い声が木霊する。
よく見ると大勢のひとがテーブルを囲んでいる。
ポン、チーとどこかで聞きなれた声がする。
よく見ると大勢のひとがテーブルを囲んでいる。
麻雀好きな私、知らず知らず、近ずいて行く。
齡七十、八十のお婆さん達だ。
行く組も木陰で手作りのじゃん台で、遊んでいる。私が側に腰を下ろし、後ろからそっと覗きこむ。
びっくりした婆さん、人を睨む。
しかし、ゲームは続く。
対目から、ロンと声がする。
婆さん達それを見ている野次馬婆さんの大きな笑い声がする。
なんとー楽しい光景だろう。
みんな、生き生きしてる。
仕事にボワレ、金にアクセクして、時間にボワレ、忙しい、忙しいと日々を送り、
なんのために生きているのだろう。
私の頬を秋風が撫でていく。
なにか、心が軽くなった。
もう一度、ホテルに戻って見積もりだ。

明日は日本に帰りがんばろう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。