株式会社 天佑 社長ブログ 花の命による生花実験 其の2

花の命による生花実験 其の2 

9月16日 2

9月16日 1 


花の命に生花実験引き続きおこなっております。
今回は、ガーベラと庭で咲いていた花で行いました。

まず、ガーベラ、庭で咲いた花ともにしばらく水につけず放置してそれから各花瓶に入れてみました。
茎の長さすべて同じ条件のもと、実験をおこないました。

A、水のみ200CC ガーベラ
B、500倍に希釈した花の命 200CC ガーベラ
C、水のみ200CC 庭で取れた花
D、500倍に希釈した花の命 200CC 庭で取れた花

9/16日 ガーベラともに花びらが丸まり元気がない。
      庭で取った花も画面ではわかりにくいが、花びらがしわしわになり元気がない。

9月17日 1 

9/17 写真ではわかりにくいのですが、A,Bともに昨日と思うと元気になっているが、
Bのほうが花びらがきれいになり元気なような感じがします。

9月18日 1 

9/18 明らかに画像を見て分かるように、Bのほうが花びらが生き生きとしてきれいに咲いています。
    A花が丸まったままでした。

9月19日 1 

9/19 ガーベラAはすでに元気がなく花びらが丸まり枯れ初めていた。Bも昨日と思うと花びらの先端がすこし元気がなくなり枯れ初めているかなあと感じた。

上記の結果より、ガーベラについては一度しおれかけた花を花の命を500倍に希釈したものの方が明らかに元気に花がみずみずしく咲いていた。
花の持ちは、1~2日程度の違いであったが、花が咲いている時にどちらが生き生きとしてきれいかと考えるとAの水だけよりは、Bのほうが生き生きしていたように感じました。

9月23日 1 

9/23 庭で取れた花にはまだ変化は現れていません。

9月25日 1 

9/25日 Cの水だけのほうが枯れてきました。 Dは生気はないものの枯れている状態ではありません。

9月25日 2

アップの写真です。

9月26日 1 

9/26 Cの花びらは完全に枯れています。Dの花びらはかれている状態ではありません。

9月27日 1 

9/27 完全に昨日よりCの水だけの方は枯れはじめています。Dの方も花びらの先が枯れはじめました。

上記に実験を終わった感想は、花の命を500倍希釈した方が多少花の持ちがいいが、水だけと花の命を希釈した場合の違いは、花が咲いている間、生き生きと咲いている働きがあるように感じました。

引き続き、何度も実験をして花の状態を比べていこうと思います。

 に参加中です。是非、クリック応援お願いします。

*****************************************

㈱天佑  ホームページ:http://10u.jp/

お問い合わせこちら

*****************************************

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tenyu10.blog38.fc2.com/tb.php/13-9b6ea058